オリジナルTシャツプリントのクロスロード:即日発送OK 最短5時間仕上げ東京から発送!1枚からご注文OK!30枚以上送料無料!

オリジナルTシャツ:プリント方法一覧

シルクプリント(シルクスクリーンプリント)

<どんなプリント?>
シルクプリントは、お店で並んでいる商品でもっとも一般的に使われているプリント方法!
1色ごとに版作製してインクを刷り込みます。

<おすすめポイント>
濃い色のボディーにプリントしても、プリントの色が綺麗に仕上がる!
繰り返しの洗濯にも耐える!大量印刷にお得!

インクジェットプリント

<どんなプリント?>
インクジェットプリントは、版代いらず!
生地に直接プリントする方法で柔らかく滑らかな仕上がりになります。

<おすすめポイント>
オーダーが少ない方、写真などグラデーション表現や、カラフルなTシャツを作りたい方におすすめです。

背番号・ゼッケンプリント(転写プリント)

<どんなプリント?>
背番号・ゼッケンプリントは、専用高圧プレス機を使用し、均一にムラなく綺麗に仕上げるプリント方法です。

<おすすめポイント>
チームやサークルなどで、個々に名前や背番号・ゼッケンを変えるなど、1枚ごとに異なるデザインをご希望の場合に適しています。
プリントの持ちが良く、剥がれない上、Tシャツのほか、スウェット、ブルゾンなど、様々なボディーにプリントできます。

染み込み風プリント

<どんなプリント?>
染み込み風プリントは、シルクプリントよりもプリントは薄く、ボディに染み込んだようなやわらかい風合に仕上がります。

<おすすめポイント>
インクに凸凹がなく、インクが生地になじみ、古着のような風合いに!

3色グラデーションプリント

<どんなプリント?>
3色グラデーションプリントは、濃淡・多色を表現するプリント方法です。
上質でプレミアム感のあるデザインに仕上がります。

<おすすめポイント>
会社のお店のロゴをグラデーションでプリントする場合に、よく利用されているプリント方法です。

4色分解プリント

<どんなプリント?>
4色分解プリントは、カラーコピー機の様に、C(シアン)・M(マゼンタ)・Y(イエロー)・K(ブラック)の4色の組合せで、絵柄の色を表現するプリント方法です。

<おすすめポイント>
全ての色目に対応できます。
ただし、金色・銀色・焦げ茶・グレー系統など、4色の組合せで色が表現できにくいものは、デザインの色と多少変わる場合がございます。
なお、4色分解プリントの場合、版は必要ありませんので、版数もかからず、安く仕上がります。

ラメプリント

<どんなプリント?>
ラメプリントは、インクにラメが入っていて、プリント部分がキラキラ光って見える、綺麗なプリントです。

<おすすめポイント>
よく光って目立ち、豪華さ、高級感があります。
立体感や深みがあってとても綺麗に仕上がります。

転写プリント

<どんなプリント?>
転写プリントは、デザインを専用シートにプリントして、それをボディーに熱で圧着してプリントします。

<おすすめポイント> どのようなデザイン、色合い、また何色でもプリント可能!
版代はかからず、転写シートのプリント代金のみ。
転写シートのプリント代金は、転写シートで使用するデザインの大きさによって異なります。

銀色プリント

<どんなプリント?>
銀色プリントは、シルクプリントと同様に、版製作してプリントするプリント方法です。

<おすすめポイント>
ゴージャス感のあるシルバーに仕上がるので豪華さ、高級感のあるデザインにおすすめです。
シルクプリントと組み合わせて、プリントすることも可能です。
なお、プリント可能な素材は、綿素材のボディに限られます。

金色プリント

<どんなプリント?>
金色プリントは、シルクプリントと同様に、版製作してプリントするプリント方法です。

<おすすめポイント>
金色プリントは、ゴージャス感のあるゴールドに仕上がります。
豪華さ、高級感のあるデザインにおすすめです。
シルクプリントと組み合わせて、プリントすることも可能です。
なお、プリント可能な素材は、綿素材のボディに限られます。

蛍光色プリント

<どんなプリント?>
蛍光色プリントは、シルクプリントと同様に、版製作してプリントするプリント方法です。

<おすすめポイント>
蛍光色プリントは、発色の強い、鮮やかな蛍光色に仕上がります。
黒・紺などの濃いカラーのボディにプリントすると、ひときわ映えて、目立ちます。
シルクプリントと組み合わせて、プリントすることも可能です。

立体プリント

<どんなプリント?>
立体プリントは、写真のようにプリントに厚みがでるプリント方法です。
シンプルなロゴを立体プリントにするだけでもインパクトがあります。

<おすすめポイント>
シルクプリントと組み合わせて、プリントすることも可能です!

発泡プリント

<どんなプリント?>
発泡プリントは、写真のようにプリント部分がふっくらと膨むプリント方法です。

<おすすめポイント>
プリント部分は、スポンジを触ったようなやわらかい手触りに仕上ります。
なお、複雑で細かいデザインには向いていません。

ラインストーン

<どんなプリント?>
ラインストーンプリントは、ラインストーンで柄を作ったり、シルクプリントなどでプリントしたデザインの上にラインストーンを付けたりして、ボディに装飾するプリント方法です。

<おすすめポイント>
ラインストーンのカラーは、クリアー・イエロー・レッドの3色のほか、スワロフスキーのラインストーンもあります。
シルクプリントと組み合わせて、プリントすることも可能です。

リフレクタープリント

<どんなプリント?>
リフレクタープリントは、インクに微細なガラス玉が含まれていて、光をあてると反射するプリント方法です。

<おすすめポイント>
リフレクターは、ブラックリフレクターとグレーリフレクターの2種類ございます。
シルクプリントと組み合わせて、プリントすることも可能です。

箔プリント

<どんなプリント?>
箔プリントは、キラキラしたシートをTシャツに圧着してプリントします。

<おすすめポイント>
おすすめデザインに加え、より一層、高級感のあるデザインに仕上ります。

ジェル(透明)プリント

<どんなプリント?>
ジェルプリントは、透明なジェルでプリントする方法です。

<おすすめポイント>
シルクプリントの上に、ジェルプリントをすると、光沢感が出て、湿った感じの仕上がりに!
シルクプリントと組み合わせてのプリントをおすすめします。

フロッキープリント

<どんなプリント?>
フロッキープリントは、写真のように起毛された生地を、ボディに圧着するプリント方法です。

<おすすめポイント>
フロッキーシートのプリント代金は、フロッキーシートで使用するデザインの大きさによって異なります。

抜染プリント

<どんなプリント?>
抜染プリントは、ボディの染料を抜いてデザインを表現するプリント方法です。
染料を抜くほか、染料を着色することも可能です。

<おすすめポイント>
抜染プリントは、ボディが柔らかな仕上りになり、肌触りも最高です。

昇華転写全面プリントタオル(次世代プリントタオル)

<どんなプリント?>
分散染料を使って印刷した転写紙に200度前後の熱と圧力をかける事で、インクが気化(昇華)し、繊維に色を浸透させる独特の技術で、水を使わず、汚水も出さない、地球にやさしいエコプリントです。

<おすすめポイント>
色数の制限なく自由に多彩な表現がプリント可能。
ポリエステル素材に多彩な表現が可能、メッシュなどの穴のあいた生地、ツーウェイなどの伸縮性のある生地などにも風合いを損なわず、鮮明な発色性が持続します。

今治認定タオルプリント(シルクスクリーンプリント)

<どんなプリント?>
肌触りバツグンの『今治タオルブランド認定タオル』を使用し、通常のプリントではできない、カラータオル×カラープリントを実現しました。

<おすすめポイント>
シルクプリントですので、耐久性も抜群です。
シャーリング生地でプリントも綺麗に仕上がります。

オリジナルプリントタオル特集!全面フルカラープリント可能!新機種の昇華転写機導入!1枚からでもOK!

<どんなプリント?>
分散染料を使って印刷した転写紙に200度前後の熱と圧力をかける事で、インクが気化(昇華)し、繊維に色を浸透させる独特の技術で、水を使わず、汚水も出さない、地球にやさしいエコプリントです。

<おすすめポイント>
色数の制限なく自由に多彩な表現がプリント可能。
ポリエステル素材に多彩な表現が可能、メッシュなどの穴のあいた生地、ツーウェイなどの伸縮性のある生地などにも風合いを損なわず、鮮明な発色性が持続します。

注意事項


*版代はプリント箇所1色につき1版必要になります。
例:デザインが(35cm ~ 35cm以内)でシルクプリント(シルクスクリーンプリント)で30枚作る場合。
プリント箇所が1ヶ所、デザインに4色の色を使う場合は4版作ることになります。
(版代)8,400 x 4色=¥33,600
プリント代は 、全部で4色の色を使っていますので、1枚¥450で今回は30枚作るので
(プリント代)¥450 x 30=¥13,500
(版代)+(プリント代)33,600 + 13,500=¥47,100
(プリントするボディー代は含まれていませんので、別でボディー代がかかります。)

*一度版を作ったら、次のオーダーからはプリント代のみで版代がかかりません。

*版の保管期間は基本的に1年間になります

印刷単価について

1) 同一ボディ、同一使用版、同一印刷箇所、同一インク色、同一出来上がり納品日がひとつの単位になります。
例1 同じ版を使用して、(同一インク色)
トレーナー  5枚 →トレーナー 4~7枚の価格帯になります。
Tシャツ   11枚 →Tシャツ 11~49枚の価格帯になります。
ポロシャツ  8枚 →ポロシャツ  8~10枚の価格帯になります。
合計数量は25枚ですが印刷単価の価格帯は上記になります。
例2 同じ版を使用して、同じボディでインク色が替わる場合
トレーナー 9枚(白インク)→8~10枚の価格帯になります。
トレーナー 5枚(赤インク)→4~7枚の価格帯になります。
(インク替え料金が1版につき発生いたします。)

2) インク替え代金は一つの単位が20枚以下の場合に場合に発生いたします。
同一版、同一箇所への印刷で
トレーナー21枚(白インク) パーカー20枚
(赤インク) Tシャツー19枚(青インク)のご注文の場合はインク替え代金は2回(1版につき)の請求になります。上記の各ボディ数量が21枚以上の場合はインク替え料金は発生いたしません。

お持ち込み製品での印刷について

お持ち込み製品での印刷作業もいたしますが、お持ち込み手数料半袖Tシャツ¥105~/1枚(ボディによって手数料の金額がかわります)をいただきます。
お持ち込みの製品には、万全の体制で作業にかかりますが印刷のミス、ボディ損傷等が起きましても製品の金銭または代替品にての保証は一切できませんので、誠に勝手ながら予備分などの手段でお客様側のリスク回避をお願いしております。
納入された予備分は、すべてに印刷加工をいたします。
印刷完了後にキズ等の不良品が発見された場合は速やかに報告をさせていただきます。
不良品の補充を後日していただいた場合でも同一の納期のお約束は作業工程上難しくなります。
補充品に関してはその数量価格帯での追加発注となります。

上記をすべて、ご承諾いただいたうえでのお取引となることをご理解のほど、よろしくお願いいたします。